DX方針

DX policy

今、社会環境はデジタル化により大きく、しかも急激に変化してきています。 それに伴いお客様のニーズも様々に変化しています。 このニーズに迅速に答えなくては、デジタル化が進む社会の中で時代遅れとなってしまいます。

そこで私達は、独創的でハイレベルなデジタル技術を活用することで、 お客様の付加価値を高め、さらなる発展をサポートしつつ、お客様とともに持続可能なデジタル企業を目指します。

その為にAI・IoTや最新の自動化技術等を活用した、システム開発に取り組みます。

  1. 顧客経営層のみならず現場担当者とも対話することで、タイムリーなDXニーズを捉え、優れた扱い易いシステムを作ります。
  2. 社内技術者に、AI・IoTや最新の自動化・省力化等、デジタル化技術を取得する為の支援を行います。
  3. リモート開発やWeb会議、クラウドシステムの活用等、デジタル化開発環境を整備し、常に刷新して行きます。
  4. システム開発業務自体についてもデジタル化を図り、高品質・低価格なシステムを提供します。
  5. 組織を跨いでDXを積極的に推進する為、社内にWGを設置し、デジタル化の具体的システム開発件数を指標として、毎年度把握しPDCAを回して行きます。
  • 2021年11月1日
  • 株式会社アドユニーク
  • 代表取締役 水嶋 昇一

DX推進体制

DX Organization

DX方針を実現するために「リモート開発やAI・IoTといったデジタル技術を活用したシステム開発」を基準に、 「社内技術者同士による技術力やアイデアの共有・向上」、 「お客様の付加価値の向上や創造に関する研究」、 「DX推進状況の評価」の観点で活動する「DX推進WG」を設立。

DX推進のための方策

DX Strategy

1.お客様企業のデジタル化支援

■物流管理パッケージシステムの開発・販売

・スマートフォン等を利用した導入コストが低いシステムの開発

2.社内の業務プロセスのデジタル技術活用

■既存のシステム開発手法の変革

■社員の労働環境の変革

DX推進のための取り組み

DX Activities

  • 最新技術に関する社内勉強会の実施
  • 情報セキュリティ人材の育成支援
  • クラウド環境導入・構築のための技術者育成支援
  • アジャイル開発の推奨
  • テスト自動化ツールの導入
  • システム開発においてリモート環境の利用促進
  • Web会議の利用推奨

DX推進の達成状況の指標

Achievement status indicator

  • パッケージシステムの販売数
  • リモート開発の実施率
  • 社内勉強会の実施時間
  • 各種資格の取得率

News

2022年6月1日

DX認定事業者になりました。

認定適用日 2022年6月1日

2022年4月22日

アドユニークのDXの一つである「物流管理パッケージシステム」の開発では、既存のシステム開発手法の変革のテストケースとして、 「アジャイル開発」「リモートワークでの開発」を実施しています。

システム開発は予定通りに進んでいます。

その一方で、様々な課題が見つかりました。例えば、リモート環境での技術者同士のコミュニケーションの取り方などです。 発生した課題はについて、改善できることはすぐに対応してきました。

今後は、その対応が本当に最善だったのか、他の選択肢があったのではないかなど、 発生した議題を丁寧に分析し、その結果を全社で共有していく必要があります。

これらを行うことがアドユニークの目指す「お客様とともに接続可能なデジタル企業」につながっていきます。

代表取締役 水嶋 昇一

2021年11月1日

DX方針を宣言しました。